FC2ブログ

    更新履歴

    ▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    【  2016年02月  】 

    スポンサーサイト

    スポンサー広告

    --.--.-- (--)

     全文を読む

    PageTop▲


    公も私も、ボロボロ中・・・^^;

    未分類

    2016.02.25 (Thu)

     皆さま、いつもお世話になっております・・・先ほどまで仕事をしていたもので、ビジネス文書の様な書き出しになってしましました^^;暫く更新止まっておりますが、年度末のバタバタでちょっと無理をしていたところに家族が一人インフルで寝込み、次々にそれが飛び火して酷い事になっております。続きを楽しみにして頂いている皆さまには申し訳ないのですが、とても落ち着いてストーリーを考えられる状態ではなく・・・(T_T)再会のめ...全文を読む

    PageTop▲


    サクラサク頃には 10 オコチャマの出番って?

    第四章 サクラサク頃には

    2016.02.21 (Sun)

     終日同行は、かなり辛い。何十年か遅れの新婚さんは、特にオヤジの方がべた惚れで、いい加減見ていられない。行く所行く所でモテモテの道明寺HDの跡継ぎ息子は、心の中でそんな憎まれ口を叩きながら、花沢コーポレーションを司・つくし・Tという『トリプル道明寺』で訪問中だった。シニア・レジデンスの方には先日つくしと二人で行ったが、大手町のオフィス街の一等地にそびえる、この本社ビルは初めてだ。高層階の会議室から皇...全文を読む

    PageTop▲


    終りの見えない夜でm(__)m

    未分類

    2016.02.19 (Fri)

     本日の更新ですが、やはりかなりはまっていて、23時前になってもまだ仕事終りが見えない状態で、更新のめどもたちません。なんとか明日夜はアップしたいと思いますので、よろしくお願いします。ナツ...全文を読む

    PageTop▲


    サクラサク頃には 9 冬月が覗く夜のコト

    第四章 サクラサク頃には

    2016.02.19 (Fri)

     今回は濃いめです。設定の都合上パスはかけておりませんが、18歳以下の方、そういうお話が苦手な方は、こちらから御退出いただけます様よろしくお願いします。**************************************************人でも食べ物でも、・・・でも。この歳になると、一度苦手意識を持ってしまったら、スキになるのは難しい。こういう事は技術よりもメンタルの問題が大きいなぁと、赤ワイン風味でホワイトチョコ味という、なんだか複...全文を読む

    PageTop▲


    更新遅れます…(T_T)

    未分類

    2016.02.17 (Wed)

     本業が立て込んでいて、さきほどやっと帰り着きました。ちょっとこれからではお約束の深夜の更新は難しいので、明日、いつもより早めにアップするつもりです。お立ち寄り頂いたのに、すみませんでしたm(__)m...全文を読む

    PageTop▲


    サクラサク頃には 8 化学反応は予測不能だから

    第四章 サクラサク頃には

    2016.02.16 (Tue)

     チョコ味のキスは、初めてだ。司はコーヒーだってブラックのくせに、わざとらしく自身の舌にたっぷりのカカオを馴染ませてから、猫がカラダをスリ寄せる様に舌全体を絡ませるキスをする。一気に口腔に拡がる、ダークチョコレートの薫香。舌の根基の苦味が、自分でチョコレートのかけらを含むより力強く、男性的に感じる。ふたりの唇が離れ、オンナがゆっくりとそのほろ苦さを飲み下したのを確認してから、オトコは口を開いた。「も...全文を読む

    PageTop▲


    サクラサク頃には 7 チョコの箱には、カカオと希望

    第四章 サクラサク頃には

    2016.02.14 (Sun)

     週末の夜は、とても穏やかに過ぎて行った。せっかく世田谷に移ってきたというのに、Tは夕方から何処かに遊びに出かけてしまい、二人は早めに夕食をとり部屋に戻った。司はいつものようにPCに向かい、つくしも読みかけの本を開いた。そんないつもの夜が、ちょっと違う様子を見せ始めたのは深夜を回った頃。日付が2月14日なると、つくしは何かを隠し持つ様にしながら近づいて来たのだ。「はい、コレ。アタシからのバレンタイン...全文を読む

    PageTop▲


    SS11 USスタイルのバレンタイン

    続ヤバい男 サイドストーリーズ

    2016.02.13 (Sat)

     来日中の若き道明寺SVPは、社内でも取引先でも、お嬢さんたちに大人気だった。事前に日本のメディアで大きく取り上げられていたせいもあるのだろうが、行く先々で連絡先を渡されたり、写真を取られたり、まるで芸能人かモデルのような扱いで、本人もびっくりしていた。さすが道明寺の跡取り息子、サラブレッドである。彼は目つきが優しいせいか、面差しは良く似た父子なのに、お父さんよりももっと女子たちを魅きつけるようだった...全文を読む

    PageTop▲


    サクラサク頃には 6 両腕を大きく拡げて

    第四章 サクラサク頃には

    2016.02.12 (Fri)

     東の部屋で赤ワインを飲みながらまだ思い出し笑いをするオトコを、つくしは気味悪そうに横目で見る。「もう、止めなさいよ。大人気ないんだから」「そう言うけど、あいつの顔、ほんっとうに可笑しかったんだぜ?ポカンとしてよ」「あんたたち親子、そういう意地悪なトコそっくり。遺伝って怖いわ〜」司が先ほどから何度も思い返して笑っているのは、Tの事だった。昼下がりの代表室で小僧が生意気な事を言うから、オレ以上につくし...全文を読む

    PageTop▲


    サクラサク頃には 5 父になるのは(司サイド)

    第四章 サクラサク頃には

    2016.02.11 (Thu)

     西田はまた、ドアの所で困っていた。午前中までは、デレデレムードでこそこそと何かを眺めていた代表が、奥様とのランチから戻られてからは一転、何やら考え込んでいらっしゃる。至急確認をしたい事があるのだが、代表室のドアは開け放たれていても、声をかけるきっかけが掴めない。「だから言ったろ?入るんなら、入ってこいよ、西田」「お邪魔ではありませんか?」「ちょっと考え事してただけだから、大丈夫だ。どうした?」「は...全文を読む

    PageTop▲


    前月     2016年02月       翌月

    更新履歴カレンダー

    01 ≪│2016/02│≫ 03
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 - - - - -

    月・日を選んでクリックすると更新履歴が表示されます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    #step0 {visibility:visible;z-index:1;}