FC2ブログ

    スポンサー広告

    スポンサーサイト

     ←サクラサク頃には 7 チョコの箱には、カカオと希望 →更新遅れます…(T_T)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
    総もくじ  3kaku_s_L.png 続ヤバい男
    総もくじ  3kaku_s_L.png 牧野・牧野・牧野(33話完)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 中編
    総もくじ  3kaku_s_L.png パラレルワールド・ファンタジー
    総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
    総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記帳
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    • 【サクラサク頃には 7 チョコの箱には、カカオと希望】へ
    • 【更新遅れます…(T_T)】へ
    • TB(-)|
    • CO(-) 
    • Edit

    「続ヤバい男」
    第四章 サクラサク頃には

    サクラサク頃には 8 化学反応は予測不能だから

     ←サクラサク頃には 7 チョコの箱には、カカオと希望 →更新遅れます…(T_T)
    チョコ味のキスは、初めてだ。

    司はコーヒーだってブラックのくせに、わざとらしく自身の舌にたっぷりのカカオを馴染ませてから、猫がカラダをスリ寄せる様に舌全体を絡ませるキスをする。

    一気に口腔に拡がる、ダークチョコレートの薫香。

    舌の根基の苦味が、自分でチョコレートのかけらを含むより力強く、男性的に感じる。


    ふたりの唇が離れ、オンナがゆっくりとそのほろ苦さを飲み下したのを確認してから、オトコは口を開いた。

    「もう泣くな?でもオレは・・・こんなに幸せで、良いのかな」

    先日からの一件も含め、司はこれまで経験したことの無い様な幸福感に突きあげられていて、それをどう説明すれば良いのか困っていた。

    去年まではクリスマスも正月もバレンタインも誕生日も、何一つ自分には関わりの無いものだった。何かを祝いたいなどと思ったことも、牧野つくしと別れてからは一度も無かったのだから。

    「オレの方こそ、もうからっぽの人生だと思っていたし、それでも別に関係ないと思ってた」

    つくしの言ってたあの映画も見たし、あの名台詞も記憶にはあるけれど、凍りついた心には全く響かなかったのだ。それなのに、長い間切望したオンナに、オレと一緒の人生がこんなにスゴイ大箱入りのチョコでとか、そんな事言われてグッと来ない男はこの世には居ないだろう。


    「アンタ・・・ウルウル・・・してんの?」
    「バカヤロ、気のせいだ!」

    歳のせいで涙線緩んできたんじゃないとからかう様なつくしに、いつもべそべそする泣き虫に言われたかねェよと憎まれ口を返してから、司は長い事かかって手に入れたばかりの奥さんを、少しでも離れているのは嫌だとばかりに羽交い絞めにしてからしみじみと言った。


    「オマエと居るとケミストリーってあるんだなって、実感する」
    「化学が?」

    つくしがちょっとぽかんとしていると、確かにケミストリーは化学って意味だけど、グッドケミストリーとかバッドケミストリーとか、人間関係の相性の良し悪しを言う時使うし、男と女の事だけに限らず、プロジェクトやスポーツのチームでも、ケミストリーがどうとかって使われるワードだと教えてくれる。

    「ただオマエとオレの場合は、ケミストリーっていっても単純な相性っていうより、化学変化そのものって感じがするんだ。オマエと居ると違う自分を引き出されるっていうか、思わぬ方向に変えられるっていうか」

    上手く言えないのだけど、それは牧野つくしという女性が媒介していないと、絶対に生まれない化学変化だと思うのだ。


    「こっちこそだよ・・」つくしは司の言葉を受け、感慨深げに返した。

    司の言う通り男と女の関係って、化学変化としか言いようがないかもしれない。この組み合わせでしか生まれない、何かがソコにある気がする。このヒトはいつもアタシが自分を変えるって言ってくれるけど、ほんとうはそうではないだろう。これってお互いさまだと思う。

    だけど、考えても詮無い事だけど、もし二人が離れる事がなかったなら、もっと違うもっと素敵な関係が築けていたのだろうか・・・。


    「ねぇ、Tは好きな子とか居るのかな?」

    「アイツの事なんか、今は関係ねェだろ」

    「関係あるよ・・・」

    とても小さな声でつくしは言った。

    別れてしまった頃の二人の年頃の司の息子に、もしも思う女性が居るのなら、自分たちの様な道は辿って欲しくないとつくしが願うのは、当然の事ではないのだろうか。



    そんなつくしの感傷は歯牙にもかけず、たとえ自分の息子であっても奥さんの注意が他のオトコに向くのが気にいらない司は、つくしの思いを遮る様にまたチョコレート味のキスをしかけてくる。

    「ウマイか?」

    それってチョコが美味いってこと?、それともアンタのキスが上手ってことのどっちなんだろう。少し意地悪そうに聞くオトコの顔は、子供のころには無かった表情だ。

    「アンタの箱には、あきれるほど色々入っているよね~」

    それは褒め言葉なのか?そう言って、今度は耳を甘噛みされる。

    オトコは、また飲みかけのワインに手を伸ばした。

    そして次にハート型のホワイトチョコをつまんで、ゆっくりと舌の上で溶かしてからつくしに唇を近付けて来たが、眉をしかめてギリギリ手前で一度動きを止めた。

    「コレは甘いぜ・・」

    解りきった事を不満げに言われて、つくしは苦笑いしながら言った。

    「望むところ、よ?」

    こちらから男の首に、腕を伸ばした・・・。





    ↓次が読みたいなぁと思って頂けたら、ぽちっと宜しくお願いします↓
    にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 
    *今日もお立ち寄りありがとうございました。なかなか甘い夜に行けそうで行けなくて・・・^^;明日はなんとか頑張りたいと思っています。次の更新は明日水曜深夜予定です(*^_^*)


    関連記事


    総もくじ 3kaku_s_L.png 続ヤバい男
    総もくじ 3kaku_s_L.png 牧野・牧野・牧野(33話完)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 中編
    総もくじ 3kaku_s_L.png パラレルワールド・ファンタジー
    総もくじ 3kaku_s_L.png 短編
    総もくじ 3kaku_s_L.png 雑記帳
    もくじ  3kaku_s_L.png ご案内
    総もくじ  3kaku_s_L.png 続ヤバい男
    総もくじ  3kaku_s_L.png 牧野・牧野・牧野(33話完)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 中編
    総もくじ  3kaku_s_L.png パラレルワールド・ファンタジー
    総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
    総もくじ  3kaku_s_L.png 雑記帳
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    • 【サクラサク頃には 7 チョコの箱には、カカオと希望】へ
    • 【更新遅れます…(T_T)】へ

    ~ Comment ~

    拍手リプ:すうさま、ありがとうございます♪

    いつも読んでいただいて、ありがとうございます♪1番ゲットして頂けて、良かったです!

    おまけにポロっとしちゃった・・まで!甘い事ばかりじゃない二人の恋と人生に共感して読んでいただけるのだと思うと、とても嬉しいです。

    年度末にさしかかって忙しくなってきているのですが、できるだけ更新がんばりますね。

    また、お時間ある時にでもご感想を聞かせてくださいませ。

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
    • 【サクラサク頃には 7 チョコの箱には、カカオと希望】へ
    • 【更新遅れます…(T_T)】へ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    #step0 {visibility:visible;z-index:1;}